今年2完封を食らい、全く打てていない怪物・大谷から3得点で見事攻略。正直もっと点取れる場面も雰囲気もあったけど、じわじわと追いつめた攻撃が大谷を6回降板という結果に追いやった。


【試合終了】 ◇開始18時30分◇東京ドーム
日本ハム12勝7敗0分け◇観衆31077人
チーム   計  
ロッテ 2 0 0 0 0 1 1 0 0
日本ハム 0 0 0 0 0 2 0 0 0
【ロッテ】
○石川(9勝11敗)
S西野(29セーブ)
【日本ハム】
●大谷(13勝4敗)
浦野
石井
ライブリー
[本塁打]
角中6号(ロ)
陽5号(日)
荻野2号(ロ)



初回の1,2番で大谷を攻略

20150902-00000143-nksports-000-1-view

ロッテは初回、先頭の荻野貴が8球粘って四球を選ぶと、続く角中が右中間への6号2ランを放ち先制。これぞ粘りからの積極策。見事にハマった1,2番の絡み。

s_f-bb-tp0-150901-0135

日本ハム大谷の真ん中寄りに入った直球を捉えた打球はバックスクリーン右横へ豪快にスタンドイン。

mar15090220410004-m1

角中ホームラン談話

「今日は久しぶりにバッティング練習での感じが良かったので、そのままの感覚で打席に入ることができた感じですね。まずは先制できて良かった。昨日負けているので、今日は何とか全員で勝利への執念を見せていきたい」

【1回表】あっぱれ低め打ち!! マリーンズ・角中 先制2ランホームラン 2015/9/2 F-M
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/60694/

5回にはクルーズのセンター前タイムリーで天敵・大谷から3点目。

2015-09-02-20-04-04

クルーズタイムリー談話

「ベンチ、ファンの気持ちだね。石川もいい投球しているからね」


2015-09-02-20-03-59


とにかく大きかった荻野の1発



1点差に追い上げられた7回には荻野貴に左越え2号ソロが飛び出して日本ハムを突き放した。正直この1点は何よりも大きかった。8月1勝も出来てない石川だけに「あれ、今日も勝てないのか。。」という空気が流れた中での1発。オギちゃんパンチ力あるよね。 

20150902-00000171-nksports-000-5-view

荻野ホームラン談話

「2点取られた後だったので、まずは自分が塁に出てチャンスを作りたいと思って打席に入りました。結果的にホームランになって点を取り返すことが出来たのは良かった。うまく回転して打つことが出来ました」

【7回表】パンチ力披露!! マリーンズ・荻野貴 貴重な2号ソロホームラン 2015/9/2 F-M
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/60715/


8回の絶体絶命を珍しいプレーで切り抜ける


先発の石川は6回2死まで安打を許さない好投。しかし7回に2点を奪われ後ろに後を託す。


8回のマウンドには「俺たちの内」が上がり、早速ノーアウト満塁の絶体絶命大ピンチを迎える。

3ボール1ストライクになり「押し出しか。。」とヒヤヒヤしたけど、ファウルでカウント取って、フルカウントから日ハム・西川の放った打球はファーストへのゴロ。1塁走者と1塁の高濱が被る形でタッチは出来ないけどランナーをけん制しながら捕球し、ホームへ送球。

キャッチャー田村が捕ってアウト。そしてスタートの遅れた1塁走者を田村がよく見てて2塁へ送球でダブルプレー。3-2-6の完成!!!

3-2-6って。。笑

満塁の場面で6-2-3 4-2-3 3-2-3 とかはあるし、通常の6-4-3 5-4-3 4-6-3ってよくあるけど、「3-2-6」って奇跡的なプレーだよね。25年以上野球に関わって来て初めて会ったよ、みつる君。

続く田中賢介を三振で切って取り、内がノーアウト満塁を0で切り抜けた。「ノーアウト満塁は点が入らない」という野球あるあるに感謝。

9回は西野が試合を締めて29セーブ目。背番号と並んだね。西野ならまだまだ通過点かな。明日で30決めちゃいましょう。


石川は7回3安打2失点という内容で7月28日の西武戦以来となる白星を挙げ、9勝目をマーク。


2015-09-02-21-37-11


目の前の試合を勝つ事だけに集中


とりあえず今日の大谷に勝てたのはでかい。明日取ってカード勝ち越し決めよう。

3位とは僅差だし、順位が入れ替わったりして一喜一憂してる状況でもないし、そんなんしてたら疲れるだけ。目の前の試合に勝つことに集中するのみ。シンプルイズザベスト。


2015-09-02-21-37-01

明日はチェン!!!

2015-09-02-20-04-32