20150930-OHT1I50089-T
【ロッテ】チェン、7回無失点5勝!逆転CSへ3連勝
スポーツ報知 9月30日(水)21時32分配信より写真引用


先発のチェンが今年一番と言える好投で5勝目!!まさに、チェンチェン大丈夫なピッチングだった。

チェンが7回無失点。自身9月3連勝となる今季5勝目(4敗)を挙げた。

立ち上がりからテンポの良い投球で4回まで1安打投球。

4点リードの5回は先頭打者にヒットを許したが、6番矢野を併殺打に仕留め「チェンチェン大丈夫ねー」と涼しげな表情。

結局、7回を2安打、7奪三振の快投で2塁を踏ませない快刀乱麻の投球。球数は82球と完封も狙えるペースでマウンドを降りたが、この球数での降板には訳がある。

伊東監督コメント

「この時期に好投してくれて助かる。次は中4日で行ってもらいます」

そう。残りは6試合で明日西武が勝ったらロッテは1回しか負けられない。

だから中4日でも調子のいい投手にどんどん投げてもらうというこの7連戦のプランニング。

で、救援陣も先発も残り3試合程はブルペン待機。投手陣フル稼働の総力戦で大型連勝を狙う。

チェンコメント

「しっかり低目に投げられて勝ててよかった」
「お寿司食べたいですね」

今夜は寿司食べてまたエネルギーつけて下さい。

チェンの後は、益田、松永、内の継投で逃げ切った。

新守護神・内の投球を今日は食い入るように観てみた。

分かった事は、真っ直ぐが抜群に走ってる!!という事。

日ハムの上位打線はミートの上手い打者が並ぶけど、ファーストストライクのそんなに厳しくない真っ直ぐにとことん差し込まれてた(ほぼファール)。

初球の真っ直ぐがほんの少し抜けたり、指にかかりきってないボールもあったから、まだ初球の精度が完璧とは言えないけど、それでも十分に力があった。

真っ直ぐに脅威を感じるから、内の伝家の宝刀スライダーは打者にとって、より脅威になる。最後の打者・中田翔は初球の真ん中真っ直ぐ150㌔をフルスイングで空振り。

恐らく思った以上に真っ直ぐが来てるなと感じたと思う。その意識があるから2球目も最後の決め球スライダーも簡単にボール球を振る結果に。

今日のスライダーは曲がりがちょっと早かったかな。

でもあの真っ直ぐがあれば変化球は倍生きる。
守護神・内はとりあえず大丈夫そうだ。

打線では2番に入った伊志嶺が3安打3打点の活躍。

2回に伊志嶺の2点適時打などで3点を先制し、4回にも伊志嶺の犠牲フライで1点を加えた。

打のヒーローは間違いなく伊志嶺だった。最近伊志嶺キテるよね。彼は見えないファインプレーが多いからテレビじゃ伝わりづらいけど、テレビ越しでも細かく見たらどんだけ野球センス抜群の選手か分かると思う。

千葉ロッテは3連勝で8月18日以来の勝率5割に復帰。

3位西武とのゲーム差は0.5で変わらず。

明日も西武が勝つ前提でいい。西武が負けることは考えにくい。

ロッテは明日、エース涌井で勝ちを取る。