o0584043810713773651
野球の話からビジネスの話、人生観からプロスポーツ選手のセカンドキャリアの話まで幅広く書いた記事になりました。SEOの事は何も考えずに書いてみたら思わぬ方向まで話が発展した次第です。ただ、気持ちよく書けた事は確かです。

まずはかなり共感を得たブログの紹介から。

野球で大事なのは打率ではない マネーボール理論から学ぶビジネス成功の法則
http://goo.gl/I0L5R5


お金で選手を買うのではなくて、お金で勝利を買う

野球の目標は「勝利」です。勝利のためにどのような選手が必要かを、マネーボール理論は野球というゲームの本質から考え尽くしたものです。


野球はアウトにならなければ、永遠に攻撃できるスポーツです。塁に出れる選手を揃えれば、アウトになる確率が減り、打線がつながって、得点に結びつきやすくなります。


サッカーも同じように考えると、ゴール数よりも「ボールを前に進められる選手」が高い選手が評価されそうです。ボールがゴールに近づけば、得点になりやすいと思うので。


従来の考え方に捕われず、自分が行っているゲームの本質に切り込んで、本当に何が必要なのかを考えることが大切です。勝利に必要なものは何ですか?

リピーター戦略

ほとんどのビジネスにおいて、利益を伸ばしてくれる本質は「リピーター」ではないかと思います。リピーターは安定してお金を払ってくれて、営業マンのように、周りに口コミをしてくれます。売り上げを伸ばすことよりも、リピーターを増やすことが目標になるはずです。


ブログもページビュー数よりも、リピーターを増やす戦略が有効です。リピートされやすいように、Twitterやフェイスブックでのフォロー、ブックマークを促しましょう。毎日更新しましょう。情報ではなく「自分の意見」を出していきましょう。


ページビュー数を追い求めてしまうと、SEOに走る傾向にあります。検索エンジンからの集客は水物で不安定です。従来のSEOは行わず、リピーターを増やしてソーシャルメディア上で口コミされやすくなれば、被リンクが増えて結果的にSEOになるのです。


打率よりも出塁率です。何が当たるは分かりません。記事を多くポストしていくことを第一に考えたほうが、結果がついてくると思います。

---従来の考え方に捕われず、自分が行っているゲームの本質に切り込んで、本当に何が必要なのかを考えることが大切です---

↑これはかなり共感します。自分が何をやりたくて、その為には何が必要なのか?ここから行動に踏み出す時は従来の考え方や方法の真似から始めますが、圧倒的に大事なのってそこから生み出すオリジナリティ だと思うんです。

過去の成功事例はいつまでもアテにならない。そこにすがっていつまでも同じやり方で物事を進めていく事こそがリスクでしかないです。既得権益にあぐらをかいている人は僕は苦手です。

時代の変化を予測して、柔軟に変化に対応していける人間こそ、どの世界にいっても通用すると思いますし、そんな方々と話してる時って色んな刺激を受けるので最高に楽しいです!

無理やりスポーツに結びつけるなら、サッカーの本田圭佑選手は常に変化を予測して自らも変化していける人間だと思うんです。現役中からスクールを開講して、海外にチームまで持って経営者としての顔も持っています。
150218_honda_01-500x375
983fdde5d74283d61494007c03d41eef
出典:http://goo.gl/QGJD8w

千葉ロッテの福浦サブローもボーイズリーグのオーナーとしての活動も始めていますよね。

・サブロー&福浦、中学硬式チームオーナー
http://goo.gl/xD7HiQ

ラグビー日本代表のキャプテン・リーチマイケル選手も現役ながら東京の府中で奥さんと共にカフェを経営しています。

みんな自ら動いて引退後のセカンドキャリアの道を現役中から切り拓いているんですよね。

2015-12-11-16-01-54
リーチマイケル選手のカフェ。
2015-12-11-13-34-32
2日前にランチを食べに行きましたが味も美味しくて雰囲気も良くて最高でした。
Cafe +64

彼らが今やってる行動は自己実現の一つであると同時に、次の道への準備でもあると思うんです。これって今までのスポーツ選手の概念からしたらちょっと考えられなかった事ですよね。

でも時代の変化を感じて少しづつ現役中から準備を始める選手が出てきた。

過去の常識に囚われず、変化を予測しながら動き続ける。

これを彼らはシンプルに実行しているだけなんですよね。

もうスポーツ選手が引退してから次の道を決めるというのは過去のものになっていくかもしれないですね。現役中から動いて道筋を立てる行動が出来る選手はセカンドキャリアで悩むことはないでしょう。

普段の勝負に全力で打ち込んでいる中、次の道を考えて動くことは難しいと考えるかもしれないですけど、今の時代なら色んな便利ツールが揃ってるので、事務所や球団と連携しながら、規約の範囲を考えた上で何でも出来ると思います。

ただ、何がしたくてどうなりたいかを一人で考えるってかなり難しい事ではあるので、その為のサポートも必要だと思います。

現役中から今の自分の振り返りが出来たり、考えの整理が出来る場を提供出来ればパフォーマンスにもいい影響が出ると思うんです。

それをお手伝いする場所もこのように用意されています。

【アスリート専門】キャリア・コンサルタント/メンタル・カウンセラー
http://athlete-career.com/

スポーツ選手が現役中からセカンドキャリアとその先を見据えたキャリア構築を意識することで、引退後の不安を抱えることなく、現役生活に没頭できる。まさに選手にとって必要な場所だと思います。

選手に限らず、変化を予測して動く事は、こうして必要なツールや情報が揃ってきている今の時代なら誰でも出来る事かもしれないですね。


今日もツイート中!