20160125-OHT1I50023-T

千葉ロッテドラフト2位入団の関谷が体力測定でとんでもない数字を叩き出したそうです。これは鉄人関谷の誕生かもしれません。 
画像出典 

【ロッテ】阪神・金本監督似のドラ2関谷、メガ背筋力“鉄人”
ロッテのドラフト2位右腕・関谷亮太投手(24)=JR東日本=が、早くも新人王超えを果たした。

ルーキー9選手が24日、都内の施設で体力測定を行い、関谷は背筋力で14年の新人王・石川をしのぐ数値をマーク。同所で計測を始めた11年以降、新人投手最高値を叩き出した。

体幹の伸展力を示す数値は525Nm(ニュートン・メートル)。これは背筋力の指標で、関係者は「トップアスリートの平均より15%ぐらい上」と目を丸くした。

石川は419Nm。昨年は田中英が475Nmで話題を呼んだが、比ではない。関谷は「フォームから背筋を意識して、けがをしないためにも大事と思って大学から鍛えてきた」と胸を張る。


 阪神・金本監督に顔が似ていることから、他の新人から「鉄人」と呼ばれる関谷。数字も鉄人級だった。

「いい数字は自信になる。キャンプでしかりとアピールしたい」と開幕1軍へ大きな弾みとなった。(広瀬 雄一郎)


 ◆関谷 亮太(せきや・りょうた)
1991年5月10日、神奈川・川崎市生まれ。24歳。

中学時代は、元巨人・桑田真澄氏が創設したボーイズリーグ「麻生ジャイアンツ」に所属。

日大三では2009年夏に甲子園出場。明大、JR東日本を経て15年ドラフト2位でロッテ入団。

180センチ、86キロ。右投右打。
本当に金本に顔似てますね。投球も1級品なら鉄人関谷というあだ名になるでしょう。先発ローテ入りへまずは一つアピール出来ましたね!

オープン戦での登板が楽しみです。

去年は京大田中の話題でメディアは持ちきりでしたが、1年前の記事を発見したのでのっけてきます。

京大くん背筋王!球団新人投手歴代1位…1軍キャンプ前進

一番驚いたのは1メートル80、75キロの田中だった。国立スポーツ科学センターの協力のもと、球団が独自の検査基準によって算出した背筋力の数値は、475ニュートンメートル(Nm)。

419Nmだった昨年の石川(新人王)を大きく上回り、計測を開始した11年以降で投手では1位となった。
 

 球団によると、各種競技のトップ選手の平均値は389Nmという。

「特別に背筋を鍛えてきたつもりはない。小学5年まで器械体操をしていたので、そのおかげかもしれない。いずれにしてもいい数値が出たことはうれしい」と田中は笑みをこぼした


田中も十分凄いんですが、やっぱり関谷の背筋は鉄人クラスです。トップアスリートの平均が389Nmですから関谷の525Nmがどれだけ凄いかという話ですね。

先発ローテ争いが活性化することは、千葉ロッテが優勝に近づくための重要な要素です。

関谷田中成田含めて10人くらいの候補選手で6個のイスを奪い合って欲しいと思います。






今日もツイート中!