大嶺
引用元:日刊スポーツ
 
QVCでの極寒の中のオープン戦も、投手陣が見事な完封リレーで巨人に快勝。千葉ロッテ先発大嶺、救援陣、打撃陣ががっちりかみ合い、現地ファンの寒さを和らげる熱い試合になったようです。

ロッテ巨人
引用元:千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイト


5回まで先発大嶺が好投。ピンチらしいピンチはこの試合通して3回だけだったようです。

(参考リンク↓日刊スポーツ)
[ロッテ大嶺祐、16イニング自責0「感じ良かった」]

時期尚早ですが、もはや立派なエース候補生。涌井、石川と並ぶトリプルエースに成長してもらえると、昔から大嶺を知ってるファンからすればかなり泣ける話。

6回からは本番さながらの救援陣登場。松永、益田、大谷、内が全員3者凡退で締める6回以降のパーフェクトリレー完成。キャッチャー吉田もナイスリードでした。

巨人打線に対して9個ゼロを並べての完封勝ちは気持ちいいですね。


打者では、清田デスパイネ大地が2安打で好調キープ。5番角中もヒットは出なかったものの、犠牲フライや四球できっちり仕事。

6番アジャ井上も徐々に調子を取りもどし、昨日に続いてヒットを打ち打率3割キープ。いよいよ開幕スタメンが見えてきました。

(参考リンク↓ベースボールキング)
[3年目の“大型内野手”に開花の兆し!ロッテ・井上晴哉、「オープン戦番長」からの脱却]

打点ランキングも11でまだ12球団トップを死守。今年はオープン戦の調子を長く維持して開幕からフルスロットルで行ってもらいたいですね。

01
引用元:Yahoo


代打で途中出場の注目平沢は空振り三振でオープン戦初ヒットはまたもお預け。今日は試合前に新人選手の紹介もあったそうで、ドラフト1位の平沢が代表して立派に挨拶したようです。

ヒットは出なくても焦ることなく、彼の最大の長所である強いスイングは失ってほしくないですね。

(参考リンク↓サンケイスポーツ)
[ロッテの新入団選手がG戦前に勢揃い “ドラ1”平沢「活躍する姿を!!」]
平沢挨拶
引用元:日刊スポーツ


平沢のライバルでもある大地先輩は変わらず絶好調をキープ。大地の場合は好調キープではなく、絶好調キープでしたね。

11
引用元:Yahoo

キャプテンの打率は.462で12球団全体の2位、打点も9でアジャに続いて2位ですから勝負強さも付いてきてます。覚醒したキャプテン大地が平沢にいい背中を見せてくれるシーズンになるといいですね。


最後に。

ちなみに昨日の西武戦。行くと宣言していたぼくは体調不良と寒さで行くのやめました。やはりヘタレなのです。


↓鈴木長月さんオススメのファンBOOK↓

★告知★3.19 野球×音楽の融合イベントやります。
GG佐藤さんも特別ゲストとして出演が決定!!
チケット予約は、
baseballsinger917@gmail.com
までお願いします。