佐々木
プロ初登板のドラフト1位ルーキー佐々木千隼が、昨シーズン王者日本ハム相手に5回1失点の好投で見事プロ初勝利。ロッテは昨日に続いての勝利で、今年初の連勝となりました。

佐々木の気持ちの強さを感じた5回表のピッチング


まずは関連記事です。

ロッテ・佐々木 プロ初勝利 お立ち台に感動「すごい…気持ちいい景色」

試合後、3本の適時打を放って4打点をマークした井上とともに初のお立ち台に上がった佐々木は「すごい…気持ちいい景色です」と夢見心地。「前日からすごい緊張してあんまり寝れなかったです」と初登板を振り返り、5回3安打1失点ながら6四球を与えたことで「いい内容とは言えないような投球でしたけど、先輩方が打ってくれて勝ち投手にしてくれたので本当にすごくうれしいです」と日焼けした顔をほころばせた。
出典:スポニチアネックス
 


<プロ野球>ロッテ・佐々木が新人で先発勝利投手一番乗り
普段はシャイな男が派手なガッツポーズだ。1点リードした直後の五回2死一、二塁。スライダーで中田を空振り三振に仕留めると雄たけびを上げた。「自然に出ました」と振り返った。

 周囲に守られて得た白星だ。捕手・田村は、風の影響で直球の制球に苦しんでいるのを感じると「スライダーやカーブを使ったらどうだ」と提案。その変化球が有効だった。風で変化の度合いが大きくなった分、腕の振りや握りを微調整し、複数の変化のパターンを作った。これを投げ分けることで、強力打線に立ち向かった。これまで湿っていた打線も「出だしは大事。勝たせたい」と考えた井上が3安打4打点とするなど援護した。

 150キロ超の速球が評価され、昨秋のドラフト会議では外れ1位で5球団が競合した逸材は「今日だけ喜んで、あしたからやっていく」と慢心は無し。この右腕がローテーションの一角を担えば、ロッテは面白い存在になるはずだ。【岸本悠】
出典:毎日新聞


マリンでも最上級の強風の中、しかもプロ初登板で5回を最少失点で、試合をしっかり作ったことがもう素晴らしすぎます。

四球はある程度出ることは仕方ないとして、その背負ったランナーをホームに返さない粘り強さ、勝負強さはオープン戦と変わらず。

中でも、勝ち投手の権利がかかる5回表の投球は圧巻でした。

1点リードで迎え、ヒットと盗塁でノーアウト2塁のピンチの場面。

西川をスライダーで空振り三振、怪物大谷をシンカーで空振り三振。

近藤を四球で歩かせるも、4番中田をスライダーで空振り三振で会心のガッツポーズ。(うん。ガッツポーズが様になってる。)

アウト3つを全て三振で取るという、気持ちの強さを感じた佐々木の5回表のピッチングでした。

開幕ローテーション投手6人のうち、最初に白星を掴んだのはまさかの最後に投げた新人投手でした。

他5名の投手がこれにいい方向に触発されて、先週・今週以上にさらにいいピッチングをしてくれることを願います。打線も頼みます。

とりあえず、土曜日も勝って今年初の3連勝といきましょう。


今日もツイート中!