貧打
昨日も負けて叩きたかった首位楽天に連敗。なかなか嫌な流れを断ち切ることができません。ロッテファンの我慢はもうしばらく続きそうです。

バレンタイン政権ばりの日替わり打線も効果薄


昨日の結果(4/26)
4.26
出展:千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイト


昨日は11対1のワンサイドゲームから9回に6点を返して11対7で終了。意地は見せましたが、負けは負け。

今のロッテの弱い理由は、

・1番打者の不在

・中軸の不在

・角中の不在

・石川の不調

・外国人が機能しない 


・1試合活躍した選手が次の試合活躍しない

・そもそも打てない

もう挙げればきりがないですが、だいたいそんなところ。

日替わりで打線を組み替えていたバレンタイン政権ばりに、伊東監督が頭を悩ませながら日替わりオーダーを組みますが、いかんせん打てないのでどうしようもありません。

居残りで特打を行ったというメディアのニュースは賑わうものの、結果が出ない苦しい戦いが続いています。

前日よかった選手には翌日スタメンでチャンスを与えるものの、そのチャンスを生かすことなく4タコやミスがスタメンでは出てしまうという悪循環。

2015年6月から「野球オタクのロッテ応援ブログ」を始めてからこれまで 、ここまで打線が打てなくて深刻な状況は記憶にありません。

むしろ、2005年にファンになってからこれまで、ここまで打てないのは記憶にないです。

それくらいの特別な状況だということ。

スポーツナビを開くのがここまで怖いのは久しぶりです。

現状を打破するには、伊東監督の言う通り、もう前を向いて戦うしかありません。

角中や清田が復活して1番打者と中軸が固定され、石川も復活して先発陣がさらに安定して、外国人が急に打ち始めるか、急遽獲得した助っ人が大暴れするとか、絶対的存在の最強救援陣でリードを守りきるとか。

強いロッテのイメージ、大型連勝ができるロッテのイメージを頭に描いて過ごすしかありません。

苦しい苦しい2017年4月。

秋に振り返ったらあれがあったからここまで来れたと言えるシーズンにしたいですね。


ロッテの浮上を待ってます。


今日もツイート中!