6.1

ロッテが阪神との交流戦3戦目でようやく初勝利。唐川の好投、打撃陣の効果的な得点、新外国人サントスの来日初ヒット&タイムリーもあり、今季初の快勝といった試合でした。 

サントスが早くも馴染んでる


先頭打者ホームランを出た時は最近もあったよなこんな始まり方。。とやや悪い予感はしたもののまっすぐが走り、カーブを効果的にハマっていて終わってみれば、7回7奪三振1失点の好投。

ダブルエースの結果が出てない今、唐川二木でチームを引っ張ってもらうしかありません。

5月21日の楽天戦で降板後、課題を2つに絞った。真っすぐの質を上げることと、セットの修正。多少抜けた球もあったがMAXは147キロで「前回よりは良かった」と手応えをつかんだ。

 伊東監督も「いきなり打たれたが、その後はしっかり抑えた。ボール自体も手応えのある球を投げていた。このところ四球が多い中で、無四球が一番評価できる」と制球力を称賛した。

 2日からの首位広島戦には投げない唐川だが、お立ち台では「広島も強いけど、うちも本当は強いんです。広島に3連勝して帰ってくるので、応援してください」と言って、大喝采を浴びていた

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

出典:Full-Count
2勝目のロッテ唐川「うちも本当は強い」で大喝采 伊東監督は無四球評価

サントスが来日初ヒット&タイムリーは嬉しいですね。初回の気持ちを全面に出したヘッドスライディングもチームに勢いをもたらせた感があります。

試合後のWe areでも、「1、2、3トス!!」とナイスキャラでチームに馴染んでる感じが伝わってきました。ハードルをひとつ越えたといった所でしょうか。

応援歌もGG佐藤の応援をおさがりして準備万端。1番or2番を担うリードオフマンとして活躍を祈ります。


出典:marinesTVOfficial

安打だけではない。自己犠牲をいとわず、チームに新風を吹き込んだ。一回無死一塁で、自らの判断で犠打を決め、一塁にヘッドスライディング。五回無死一塁では高めをたたきつけ、進塁打となる二ゴロ。いずれも得点に結びつく貴重な一打に「走者を進めるのも自分の仕事。ヘッドスライディングはあまりしないが、気がついたらやっていた」と胸を張った。

 5月は球団ワーストタイの19敗を喫したが、6月最初の試合で完勝。伊東監督は「月が替わり(同一カード)3連敗しなかったのが一番。サントスは進塁打を心がけているし、実戦的な選手」と評価した。
出典:サンスポ
ロッテ連敗脱出!サントス、来日初安打初打点&「魂」のヘッスラ

「本当は強いロッテ」の6月に


得意と言われる交流戦も3戦目で初勝利。こっから上げていくしかありません。

月も変わって心機一転。

6月は、唐川の言う「本当は強いロッテ」の本領を発揮して、連勝街道を突き進んで欲しいですね。



告知!元ロッテ荻野忠寛さん生解説付きイベントを開催します。



本日もツイート中!