連敗

巨人が昨日も西武に敗れて泥沼の13連敗。球団記録を更新してしまいました。思えば98年のロッテもとんでもない連敗記録を作ったもんだなと改めて18連敗を振り返ってみました。

序盤は逆転負けだらけ


6/13 ● ロ4-6オ 逆転負け。 

6/16 ● ロ8-12近 二桁18安打も中継ぎ陣が総崩れ、四併殺の拙攻。 

6/17 ● ロ6-9近 3点を先制するも逆転負け。 

6/18 ● ロ5-7近 九回、3点のリードも、二死から同点、延長サヨナラ。逆転負け。 
  
6/19 ● ロ0-7日 4失策の拙守が響き完敗。  

6/20 ● ロ2-3日 先発武藤が7回無失点の好投も、救援失敗、逆転負け。 
  
6/21 ● ロ10-11日 15安打10得点も投壊、逆転サヨナラ2ランを浴びる。逆転負け。 

6/23 ● ロ0-4西 薮田4失点完投も西口も前に散発四安打完封負け。8連敗。 

6/24 ● ロ5-6西 五点差を追いつく粘りを見せるも延長11回サヨナラ負け。9連敗。 

6/26 ● ロ1-3近 小宮山奮闘も救援失敗。10連敗。最下位転落。 

6/27 ● ロ1-3近 7安打1得点の拙攻。終盤に競り負け11連敗。遂に単独最下位に。 

6/28 ● ロ2-6近 クロフォード、5回6失点KO。打線も沈黙。12連敗。 

6/30 ▲ ロ5-5西 7回まで2点リードも八回につかまりドロー。 

7/01 ● ロ4-7西 この日も逆転負け。三ツ野球団代表がファンへ謝罪。13連敗。 

7/03 ● ロ3-4ダ 小宮山、意地の完投も実らず。14連敗。 

7/04 ● ロ7-10ダ 試合前のお祓いの効果アリ、9回二死から同点に追いつくも競り負ける。 

7/05 ● ロ3-10ダ 21被安打10失点で大敗。16連敗でプロ野球記録に並ぶ。 

7/07 ● ロ3-7オ 黒木好投も…9回、あと一球から同点に追いつかれ、延長サヨナラ満塁弾でプロ野球新記録。 

7/08 ● ロ4-6オ 平井の負傷、フランコのスタメン落ち…競り負け18連敗。 

7/09 ◯ ロ9-6オ 小宮山が14被安打、6失点も完投。

こうして振り帰ると序盤は逆転負けばかり。このショックを引きずるかのようにその後も見事に負け続けました。

極め付けは7月7日。

あと一球から追いつかれ、延長戦ではサヨナラ満塁ホームランをお見舞いされました。当時の心境を今日のヤフーニュースで近藤さん(当時ロッテ監督)が話している記事を見つけたのでピックアップします。

「考えられることは全てやったよ」

 1998年、日本記録の18連敗を喫した千葉ロッテマリーンズの監督だった近藤昭仁さんは、当時を振り返ってこう話していた。

 この年のロッテは4、5月を20勝21敗の借金1で乗り切り、6月攻勢で首位戦線を窺うはずだった。ところが悲劇は、6月13日のオリックス戦に逆転負けを喫したところから始まる。全く投打が噛み合わず、16日の近鉄戦では打線が18安打8点を奪ったものの投手陣が打ち込まれ12失点、18日の同カードでは9回裏に3点差を追いつかれて延長11回にサヨナラ負け……。

 「抑えの成本(年秀)と河本(育之)が故障で離脱していて、終盤に逆転される試合が多かった。だから先発の黒木(知宏)を抑えに回すと、その黒木が打ち込まれる。とにかく選手起用から作戦から、できることは全てやり尽くしたけど1つの白星が遠かった」

 7月7日のオリックス戦では先発に戻った黒木が9回まで1失点で連敗ストップ目前まで行きながら、2死から同点本塁打を浴びて延長12回にサヨナラ負けを喫した。そして翌8日も負けて連敗は18となった。

 「連敗中はベンチに清めの盛り塩をしたり、神社にお祓いに行ったり……。神頼みも含めて考えられることは全部やった。でも、どんなことをやっても悪い流れを断ち切ることはできなかった。勝負の恐ろしさというのを本当に実感したよ」

 近藤さんはこう振り返ったが、まさに連敗地獄に飲み込まれたチームは、なすすべもなくただその負の流れが止まるのを待つしかないと言うことなのだろう。
出典:Number Web
18連敗ロッテ監督の言葉をきけ!巨人軍、戦犯さがしはまだ早い。〈Number〉

今の巨人が当時のロッテと重なる


神社にお祓い行ったり、塩を盛ったり、選手の入れ替えや打順の組み替え、配置転換などあらゆる策を講じても流れを止められず。

今の巨人・高橋由伸監督も同じような心境だと思います。

負けていると、どうしても元気ないように外野からは見えてしまいますが、今日のメディアの記事やテレビ越しの巨人の選手を見る限り、坂本を中心に前を向いて必死にプレーしているのがものすごく伝わります。

ファンも必死で応援してます。巨人の連敗をバカにする他球団ファンもいますが、それは一野球ファンとしてちょっとできないですね。

98年のロッテ18連敗時。

僕は当時小学生でロッテファンではなかったですが、12連敗あたりからメディアがロッテの連敗を報じることが多くなっていたので、少しだけロッテを注目するようになりました。

その時の印象に残っているのは、「マリーンズ 俺たちがついてるぜ!」という心強い横断幕熱い声援を送り続けるファンの姿でした。ロッテファンじゃなかった小学生の僕が、心が熱くなったのを今でも覚えています。

横断幕

今の巨人は、18連敗していた時のロッテと少し重なります。負けるにつれて徐々に重なってきたという表現が正しいですね。

みんな苦しくてもがいてるけど、何か少し歯車が噛み合わない。何を試そうと好転しない。

今、ロッテも最下位にいるので他球団を心配するほどの余裕も本来ないですが、巨人の連敗は決してバカにすることなくそっと見守りたいですね。

今の巨人ファンの気持ちは、あの18連敗を知るロッテファンならわかるはずです。


イベント情報!


Twitterやってます。