ドラフト総括

ロッテは公言通り、藤原を
1位指名して見事に引き当てただけでも大成功と言っていいでしょう。2位以下の選手も楽しみな逸材が多く、100点に近い2018年ドラフト会議でした。

指名選手一覧

1位 藤原恭大(大阪桐蔭・外野手)

2位 東妻勇輔(日本体育大・投手)

3位 小島和哉(早稲田大・投手)

4位 山口航輝(明桜・投手)

5位 中村稔弥(亜細亜大・投手)

6位 古谷拓郎(習志野・投手)

7位 松田進(Honda・内野手)

8位 土居豪人(松山聖陵・投手)

育成1位 鎌田光津希(四国IL徳島・投手)


順番に選手の特徴を紹介していきます。

○藤原恭大

強豪・牧方ボーイズではドラフト候補でもある報徳学園の小園と12番コンビを組み、全国制覇。大阪桐蔭では遠投110mと5057という三拍子そろった選手として早くから注目され、史上初となる2度目の春夏連覇に貢献。文句なしの高校生NO.1外野手。西武・秋山翔吾のような選手になりそう。


○東妻勇輔

2年春のリーグ戦から先発を務め、3年春のリーグ戦では最速152キロを計測。智弁和歌山高校時代から制球に不安が残るが、奪三振率が非常に高い好投手。クローザーやセットアッパーの役割も期待できる。夏場以降痛打されやすいマリーンズ中継ぎ陣の救世主となれる逸材。


○小島和哉

高校時代から甲子園を沸かせたスター選手で、最速147キロのノビのあるストレートと、スライダー、カーブ、チェンジアップを駆使して、打たせて取るピッチングが持ち味のサウスポー。中学、高校、大学で全て日本一を経験。左の貴重な先発候補。


○山口航輝

最速146キロの本格派右腕で、高校通算25本塁打の長打力を誇る。二刀流も期待されるが、本人は「まず野手として勝負し、できるなら二刀流として活躍したい」と意気込む。高校生離れしたパワーと左右に打ち分ける器用さを兼ね備える右の強打者。182センチ、85キロのビックサイズ。


○中村稔弥

MAX145キロながら、出どころの見にくい投球フォームから奪三振率も高い。2年春に3勝を挙げてリーグ優勝に貢献し、ベストナインと最優秀投手の2冠に輝く。17年秋はリーグトップの防御率1.22をマーク。スタミナもありタフな投手。先発、中継ぎ、ワンポイントも任せられそうだ。


○古谷拓郎

今年の夏の千葉県大会ではMAX146キロを記録するなど、エースとして習志野をベスト4に導いた本格派右腕。ストレート・変化球ともにキレがあり、バランスのいい投手。ロッテ・唐川、日本ハム・上沢と似ている。文句なしの将来の先発候補。


○松田進

187cm91kg、攻守に可能性を秘めた大型内野手。 確実性に課題が残るが、逆方向へも長打を飛ばす右の好打者。 飛距離130メートル級の特大弾を放った実績を持つ。大型ながら打球への反応、フットワークに良さがあり、スローイングも安定。遠投95m50m61。4位指名の山口を超えるビッグサイズ。


○土居豪人

191センチの長身から最速149キロの速球に落差のある変化球を投げ下ろす、カープ・アドゥワ2世。制球力が課題だが、大化けの可能性を漂わせる大器。まずは中継ぎから成長曲線を辿りたい。


○鎌田光津希

今季の四国アイランドリーグplusで最も注目を集めた投手。最速155キロを誇る本格派右腕で、その剛速球が時折、カットボール気味に動くため打者は打ちづらい。140キロを超えるフォークも大きな武器。今季は17試合に登板して4勝3敗、防御率2.49。ハマれば、セットアッパー、クローザー候補。



4位の山口も野手とすれば、野手3名、投手6名と、バランスの取れたドラフトでした。

大学生も即戦力候補は多く、高校生は将来性が抜群な4人が入りました。特に1位の藤原は、井口監督も言っていたように将来のマリーンズ、球界を背負う可能性の高いスター候補。

1番藤原、3番平沢、4番安田というロッテ近未来打線を妄想するだけでも、ワクワクしますね。成田や種市も順調に成長しているので、3年後、5年後、ロッテ黄金時代到来を予感させます。

大成功の2018年ドラフト。来季以降が楽しみになりました!!

残すはストーブリーグ!

FA補強、外国人助っ人の獲得、期待してます。

 
ロッテ関連イベント情報
↑コチラ